スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -  

「偶然」と「帰還」

ひと月ほど前、サブ村(ちずにない村)に引っ越して来た モサキチ。
メイン村(むら村)にも滞在中だし、どうしよう被った、
なーんて思っていたものの、
よくよく聞いてみるとどうやら けろりん村 を勝手に抜け出してきたご家老の模様
偶然と言えどもこれも運命。丁重に保護申し上げました。

そして、両家の支度もつつがなく整った先日、
モサ家老を けろりん村へ。


けろりん村初上陸。


本日のお相手は、いつぞやの殿ではなく、ロック青年。
通信頻度激減で「クローズアップ撮影」というスキルを忘れていることに今気がついた。

到着後一旦リロードしていただき、再上陸。
無事 モサ家老 ご帰還のご様子。良かった!


というわけで、ここぞとばかりにざざっと村見学させていただきました。役得じゃ。


事前に「地味ですから」と聞かされていたものの、
何を仰る、可愛いではないですか。地味可愛いというか渋可愛いというか。
要するに好みです。超。


最近気になる「住人の家」。
かわゆい! かわゆすぎ! 周囲の装飾にも愛を感じます。
(と書きつつガッツリトリミングしてしまった)


↑フツーにビックリした。
そしてこの画像を編集しながらまたビビった。


住人も豪華。
「けろりん村」だけあってどれだけけろりんなのかとドキドキしていたら、


筆頭けろりん。


最近余所の村に行く度に会っている気がする。


かわゆいヤツがかわゆいオヤジ服を!!(ハァハァ)


この角度から見ると下半分が何とも言い難いスワン。


やんごとなき出自のスワン。


タモ。


タモ。

とりあえず、けろりんよりも某勢力席巻っぽい。


最後に モサ家老 にお別れのご挨拶を

ってもうスワン着てるし!


またゆっくりお邪魔させてください。
けろよんさんのレポは こちら
-  -  

そこは夢の国

お届けモノがあったので、久々におでかけ。
事前に受け取ったメールには、コードと共に
「コチラ プッチ村」
の文字が。
コチラ?


「コチラ」さんでした。


初めて足を踏み入れた プッチ村。
地形も素晴らしいけど、メンバーも豪華。


出ました! おい森界の吉永小百合。


ハムもカツも好きだけど、
ハムカツと聞いた途端胸焼けがするけど、
怒ると可愛いくるりん眉毛。


何度見ても男前。
居座り続ける(コチラ氏談)のは村を牛耳っている証拠か。
ていうかアタシ「コチラさん」じゃないから。


お前になら何を言われても許せる。ラヴ!


協議の結果、これは服ではなく肌である、という結論に。


以下、村主の嗜好丸出しなおふたり。


「にゃは!」って!!
(キンチョーのあまり家具と被る)


ごめんなさいスミマセンすぐ出て行きます!
(キンチョーのあまり服と被る)


ドキドキの初対面を終え、一番最後に入ったお家にて。


いきなりずいぶん馴れ馴れしいと思いきや、
ハニワおさわり会の時に会っていたらしい。
覚えていてもらえると嬉しいもんだね。


彼もまた村を牛耳っている、と信じ込んでいる模様。


一通り挨拶も済ませ、村のレイアウトもじろじろ見学し、
堪能したので帰るねーと宣言した後、
ボク談義アタシ談義キング談義に花が咲き、
門の前に突っ立ったままうっかり長居してしまいました。
ありがとう夢の国 プッチ村


クロコ談義中。
コチラさんを口説いているわけではない。
無論、クロコさんを口説いているわけでもない。です。違いますクロコさんその大きなお口で見つめないでぎゃーー! ……(フェイドアウト)
-  -  

おでかけ オヤジ祭inムラ村 (2/25・その2)

その1 の続き。


延々と続く ランパンテさん→あや。さん の営業トークの間に村の見学。

この場所がお気に入り。
昼間にひなたぼっこをしたらきっとステキ。

ざっと一回りを終え、デジカメのデータ移動&充電を終えてもなお続く営業トークに、
オテル・ド・ムラ前で立ち尽くす私。

怖くて足が動きません。

見つかってしまいました。

盆栽だけ、と念押ししながら「盆栽展」会場へ。

とても素晴らしい展示会でした。
盆栽の出来はさることながら、会場インテリアもステキ。
ちなみに「かんむり」とグレース服を着替えたのは、先に入った あや。さん からの助言があったからです。
狙われるそうです。
緊張のあまり盆栽展会場を通り越し、客室に入ってしまったのは内緒です。

この後2つの客室とバーを見せていただきました。
とてもステキでした。特別な日に使いたいです。
お部屋の様子は未見の人へのお楽しみにしておきます。
ネタの応酬に必死で撮れなかったわけではありません。

オテル・ド・ムラを出る前に、従業員ルームも強引に見学。

従業員専用らしいので一応モザイクかけてみました。

ロビーから外へ向かおうとする時、
何故かレジの前に立つ ランパンテさん に驚愕。
ぎゃー!っと一目散に脱出。写真を取る間なんてありません。


長々とホテル見学している間に ルチアさん が海を見ながら魂を飛ばしてしまったので、
意識のない ルチアさん を囲んで記念撮影。
お待たせしてゴメンナサイ。

左から ルチアさん、私、あや。さん、ランパンテさん

この間 ルチアさん は「しろいいぬにかまれるゆめ」を見ていたそうです。
流血沙汰だったらしいです。
それを聞いた某女史、どうしても何か言いたいらしいので、言っていただきました。

オヤジ祭なので忘れてあげましょう。


ルチアさん が帰った後、
何故か3人でバラを咥え、再び記念撮影。


オヤジ魂を囲んでいると チェルシー村・エルメィさん 登場。

エルメィさん はこの日(前の日? 次の日?)がお誕生日だったそうです。
皆さんが「おめでとう!」と言っている中、
普通のチャットでもログを流しまくる私はここでも当然のように乗り遅れ。
ゴメンナサイ エルメィさん、おめでとうございます(ました)!

新たに4人揃ったところで皆そそくさと記念撮影。

左から ランパンテさん、私、エルメィさん、あや。さん

この後、「エルメィさん の海外版おい森の名前を決めよう会」に移行。
日本的な名前がいい、でも季節感ある名前はイヤ、と案外ワガママこだわりを見せる エルメィさん のために皆で次々と案を出し合い。
ITOKON、ONIKU、ムラムラ、電化製品……と、あくまでネタにこだわった上、
そのうち「もう1、2、3、でいーじゃん」と言い出す ランパンテさん。
そのネタにここぞとばかりに乗り、「KIRITSUBO」とか「REIZOKUKO」とか叫んで ランパンテさん とカブる私。
お題(?)に沿って綺麗な名前を繰り出しつつ突然「SUSHI」とか言って私の度肝を抜く あや。さん。
ネタは断固として拒否しながら「サバはいいね」(寿司ネタ)と、ツボがイマイチ謎な エルメィさん。

あまりに楽しく可笑し過ぎて、気がつくと↑のフォーメーションのまま午前5時を迎えていました。


帰り際、もっさー におやすみのご挨拶。

ごもっとも。


ランパンテさん、楽しくも素晴らしい企画&時間をありがとうございました!
次回の祭、楽しみにしております。
出会えた皆さんもありがとうv


皆さんのレポはこちら↓
主催・ランパンテさん (以降数エントリー有り)
あや。さん
エルメィさん
-  -  

おでかけ オヤジ祭inムラ村 (2/25・前編)

2/24に開催された ランパンテさん の「ムラ村・オヤジ祭」。
事情で通信出来ず涙を飲んでいたところ、
翌日も開催されるということで愛と根性で参加して来ました。

と言っても既に日付回って午前1時近く。
半ば撤収を眺める覚悟。


まだ祭られていました。良かった!


ところで ランパンテさん と私と言えば、
「むらむら(ムラむら)」繋がりで有名ですが(私の中で)、
他にもアレやらコレやら共通点を見つけ運命を感じている今日この頃。
門の前に突っ立った状態で何故か数分経過したため言いそびれていましたが、
門構えもうちと一緒だよ!


つーわけでやっと移動。

オヤジ魂の手厚い歓迎。

そしてここでも こねこちゃん村・あや。さん と遭遇。
自称「あや。ストーカー」、完璧な仕事振り。
あや。さん がオテル・ド・ムラ内「トラこ盆栽展」に案内されている間に、
サンタ村・ルチアさん と私でオヤジ詣で。
途中何度かすれ違いましたが、
その度に ルチアさん の格好が変わっていたのは多分気のせいだと思います。

盆栽展を見に行ったはずの あや。さん に一泊7万ベルの客室を強引に勧める ランパンテさん の営業トークにぞっとしながらオヤジ一人一人と会話。


あや。さん のサブ村「えおり村」で一目惚れした モサキチ。
今夜は優しい「ムホッ」でお出迎え。


巷で人気の セルバンテス に、開口一番ケンカ売られる。


初対面でいきなりブラックな ジョン。


オヤジじゃないけど、バカっぽさがやっぱり魅力の ペンタ。


「サル」だからですか?

紅一点の トラこ嬢 は深窓の御令嬢でした。


生で見ると結構衝撃的なお顔立ち。


好きなオヤジに愛の1票を、と言うことなので、
愛する モサキチ を選びました。
そんな もっさー からのプレゼント。

ぎゃー! 豪華! 豪華すぎるよもっさー!(とランさん!)


お礼にムラ村の中心で愛を叫ぶ。


翌日 もっさー からお手紙が届きました。

ヒゲを洗って待ってろよ。フフフ。


ちなみに セルバンテス を選んだ ルチアさん。

服の持ち過ぎで掘ったプレゼントを地面に戻す(笑)。

本日の教訓。
「お出かけの際は荷物の整理☆」。


後編 に続く。
-  -  

おでかけ なか村 & こねこちゃん村 (2/20編)

なか村 終了間近。
ちょっと早めのお別れを兼ねて訪問。

本日の「チャラさんと私」。

敢えて三白眼を狙ってみました。
それにしても チャラさん 黒い。
並ぶとオセロのよう。

新住人 シュバルツ様 にちゅーされてみる。

なんだか見覚えのあるお召し物。
シルバリーブ村 にいた シュバルツ かな?

住人挨拶中に、いつもの(笑) こねこちゃん村・あや。さん と遭遇。
背後で魂飛ばす チャラさん がなんだか哀愁漂っていいカンジ。

ストックを拾いついでにカブトムシで荒稼ぎする、と言う(脚色) あや。さん を、
「ゴライアス!」を連呼しながら応援(邪魔)。
南半分ヤシの木のみだという あや。さん の村に「行きたい〜」と逆ナンパしていると、
神の怒りに触れたのかブルーバックリセットさん出現。
最近多いよリセットさん。
 
 
 
---------------------
直後、あや。さん が門を開けてくださったので突撃。

もう、門前からしてカワイイ!
興奮のあまり目つぶってるし。

実は前の晩も のりっぺ を迎えに行ったのですが、
ストックが流れないようすぐに帰ったため、改めて念願の村見学をさせていただきました。



住人の家もカワイイ。メルヘン。
うちはサブ村含めものすごく地味なのでうらやましい〜。
もしや住人の家って村主の性格を反映するのですか?

そんなメルヘンなお家に住む ゴンザレス氏。

意味不明なことをほざきあそばす。



ベルの木ロード。
感動している私の目の前で、木が倒されてはベルが埋められていきました。
一日一本99000ベル植えているとか。
真似したいところだが、無い袖は触れない。


ラブリーなあや。さん邸もじっくり見学。

あや。さん のお隣に失礼し、デレデレするわたくし。
この後長々とお部屋を徘徊し、大量の写真を撮りまくりましたが、
後でデジカメを確認したら、こんなの↑ばっかり出て来ました。
自称「あや。ストーカー」。



あや。ストーカー、タンスを開けて睨まれる。


「うらないテレフォン」初体験。

はめつへのカウントダウンだそうです。
あや。ストーカー、失恋の予感。

あや。さん これからも追いかけますありがとうございましたv

あや。さん のレポは こちら
-  -  
  1/4P  >>

「おいでよ どうぶつの森」プレイ日記


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>